大人の矯正Orthodontics

にしき歯科では、高校生から60代の方まで、幅広い年齢層を対象とした矯正治療を行っております。主に、子供のころに矯正治療ができなくて、働くようになってから「自分の稼いだお金で矯正治療をやろう」という方が来られています。

基本的に当院では子供さんの矯正治療は行っておりません。

もともと、大学病院の矯正科でさえ、30歳を過ぎていたら、ほとんどの患者さんは補綴科(被せ、入れ歯、噛み合わせ等々を担当する部署)に移っていただき、削って被せたりして、審美治療をしてもらい、あまり矯正治療は行われていませんでした。

子供の矯正は、顎が成長することを利用して歯を並べるスペースに使えます。大人の場合は成長が止まっていますので、顎の骨(骨格)の成長を利用することはできません。子供の矯正とは、治療のやり方がかなり違ってきます。 

大人の矯正には、一般的な治療、歯周病治療(歯槽膿漏の治療等々)、咬み合わせの知識、場合によってはインプラント治療も必要になってきます。子供より大人の矯正のほうが歯科治療の総合力が要求されます。

大人の場合、多くの方が歯周病に罹患しています。矯正を始めるためには、まず、歯槽骨(歯を支える骨)が安定していることが必要です。歯周病で歯槽骨は溶けるため、中等度以上の歯周病の方は、歯周病の治療を行ない歯周病の管理ができる医院でなければ矯正治療はできません。

また、入れ歯をしていたり、被せていたり、詰めていたりすると、そのフォローができなければ、矯正治療中に対処できません。歯がない所にも入れ歯を作り、インプラントを植えて、咬めるようにできる程度の咬み合わせの知識がないと、大人の矯正治療をするのは難しいでしょう。

大人の矯正のメリット

  • 大人になってからでも歯並び、口元の見た目を改善してコンプレックスをなくせます。
  • 思いきり笑って写真に写ることも、口元を気にせずお喋りすることもできるようになります。

デメリット

  • ワイヤーを使った矯正の場合、他人にわかりやすい。(白や透明の装置を使うと他人に気づかれていないという方も結構います。)
  • 装置を付けて痛いという方はあまりいませんが、年齢が上がると、装置を換える時に歯が少し痛そうな方がいらっしゃいます。
  • 注意してチェックしていないと歯周病を増悪してしまう恐れがあります。