審美治療cosmetic

「いつまでも美しい歯でいたい」「美しく白い歯を取り戻したい」これらのお悩みやご要望にお応えするのが審美治療です。 被せものひとつでも様々な素材のものがあり、見た目や機能性がそれぞれ異なります。世界と比較すると、 日本の保険制度はかなり低価格で歯科治療を受けられるのが特徴ですが、残念ながら最良の機材や技術を使うことは難しく、平均的な治療法しか選択できません。 「大切な歯を少しでも守りたい」「より美しくありたい」と思われる方は自費製品をご検討ください。

代表的なかぶせ物Tooth filling

セラミッククラウン

セラミックだけでできた白いかぶせ物です。本物の歯とほとんど同じ色であり、透明感もあるため非常に自然な見た目となります。 陶器でできているので、金属アレルギーなどが心配される方も安心してご使用いただけます。 長年使っても美しさは変わらず、変色もすり減ることもありせん。 見た目は最高です。ただし、メタルボンドと比べて強度が不足すると言われています。

メタルボンド

長くにわたり審美修復のスタンダードとされてきた素材です。 表面にセラミックを、見えにくい内側に金属を使用しています。金属の性能は金合金冠と同じです。 セラミッククラウンと比べて、金属を併用しているため、頑丈です。 白い部分は長年使っても美しさは変わらず、変色もしません。

金合金冠

金合金冠は、歯や身体にもっとも無害な材料とされ、しなやかで加工もしやすく、元の歯にぴったりと適合します。 二次的な虫歯になりにくく、唾液による腐食もないため、丈夫で長持ちします。 硬さも程よく自然で、天然の歯の噛み心地に近いです。歯と歯ぐきとの境が黒ずむこともありません。 そのため、最良の選択といえるのではないでしょうか。

保険診療の冠

健康保険の給付の範囲内で作ることができる、銀合金のかぶせ物です。 機能性や安全性、技術の古さから、既に欧米では治療に使われていません。 時間が経つと、金属が錆びて溶け出して体内に入り、金属アレルギーを起こす危険性があります。 元の歯との適合もあまりよくないため、隙間から二次的な虫歯になりやすいリスクがあります。 長年使うと、磨りへったり、歯ぐきが黒ずむこともあります。経済性のみが利点です。

ホワイトニングwhitening

にしき歯科オフィスホワイトニングの流れ

  1. 問診表にご記入していただき、歯科医が問診いたします。
  2. 個室に近い空間で治療をいたします。
  3. 始めに、シェードガイドを使って歯の色段階をチェックします。
  4. ホワイトニングする前に、歯の表面の汚れや着色を取り除きます。 器械で磨き、振動しますが、歯は削れません。磨いている器具自体が削れながら汚れを吸い取ります。
  5. 凍みを予防するために、アパタイト配合のクリームを塗布し、約3分間、歯をコーティングします。そして、うがいしていただきます。
  6. 目を保護するために、お顔をタオルでカバーいたします。歯の表面に漂白剤を歯に塗ってLEDライトを約8-10分照射します。うがいはせず、薬剤を拭き取り、新しいものを塗ってもう一度約8-10分照射します。照射後、薬剤を拭き取り、うがいしていただきます。最後に、凍みを予防するために、アパタイト配合のクリームを塗布し、約3分間、歯をコーティングします。そして、うがいしていただきます。
  7. 施術後、シェードガイドを使って歯の色をチェックします。あまり凍みることはないのですが、容器に入れたアパタイト配合のクリームを、凍みた時用に持って帰っていただきます。1回のオフィスホワイトニングで、白さを実感される方は多いですが、個人差はあります。
  8. このホワイトニングでは飲食が自由で、施術後に好きな飲み物をお飲みいただけます。コーヒーや紅茶などをお召し上がりいただけます。
  9. 白さを維持するためには、ホワイトニング専用の歯磨粉を使ったり、歯科医院でのクリーニングで、エナメル質表面についた着色を落とすことが有効です。また、半年毎位で、ホワイトニングをすることをお勧めします。