審美治療cosmetic

「いつまでも美しい歯でいたい」「美しく白い歯を取り戻したい」これらのお悩みやご要望にお応えするのが審美治療です。 被せものひとつでも様々な素材のものがあり、見た目や機能性がそれぞれ異なります。世界と比較すると、 日本の保険制度はかなり低価格で歯科治療を受けられるのが特徴ですが、残念ながら最良の機材や技術を使うことは難しく、平均的な治療法しか選択できません。 「大切な歯を少しでも守りたい」「より美しくありたい」と思われる方は自費製品をご検討ください。

代表的なかぶせ物Tooth filling

セラミッククラウン

セラミックだけでできた白いかぶせ物です。本物の歯とほとんど同じ色であり、透明感もあるため非常に自然な見た目となります。 陶器でできているので、金属アレルギーなどが心配される方も安心してご使用いただけます。 長年使っても美しさは変わらず、変色もすり減ることもありせん。 見た目は最高です。ただし、メタルボンドと比べて強度が不足すると言われています。

メタルボンド

長くにわたり審美修復のスタンダードとされてきた素材です。 表面にセラミックを、見えにくい内側に金属を使用しています。金属の性能は金合金冠と同じです。 セラミッククラウンと比べて、金属を併用しているため、頑丈です。 白い部分は長年使っても美しさは変わらず、変色もしません。

金合金冠

金合金冠は、歯や身体にもっとも無害な材料とされ、しなやかで加工もしやすく、元の歯にぴったりと適合します。 二次的な虫歯になりにくく、唾液による腐食もないため、丈夫で長持ちします。 硬さも程よく自然で、天然の歯の噛み心地に近いです。歯と歯ぐきとの境が黒ずむこともありません。 そのため、最良の選択といえるのではないでしょうか。

保険診療の冠

健康保険の給付の範囲内で作ることができる、銀合金のかぶせ物です。 機能性や安全性、技術の古さから、既に欧米では治療に使われていません。 時間が経つと、金属が錆びて溶け出して体内に入り、金属アレルギーを起こす危険性があります。 元の歯との適合もあまりよくないため、隙間から二次的な虫歯になりやすいリスクがあります。 長年使うと、磨りへったり、歯ぐきが黒ずむこともあります。経済性のみが利点です。

ホワイトニングwhitening

「白くきれいな歯」を追い求める、審美歯科の先進国・アメリカでは、ホワイトニングシステムが広く普及しています。 歯石の除去や口腔内の清掃を行ってから、歯や口腔内に刺激の少ない、過酸化尿素を主成分とした「ホワイトニングジェル」を、歯に塗布することで 主に加齢による着色・喫煙等外因性による着色・遺伝による着色の改善が期待できます。

個人差やそれぞれの状態にもよりますが、1日2時間程度の使用で、 早ければ2週間程度という短い期間で、目に見える効果が現れてきます。